お肌のために美味しいご飯を作ろう

HiHiSaH!

コラーゲンの衰えが招く血管の老化

よく『老化は血管から』と言われ、
全身に張りめぐらされた血管は、鉄道や道路にも例えられます。
鉄道や道路は、私たちの生活に欠かせない物質を補給し、逆に不要になった物質を運び出すのに欠かせないモノだからです。
私たち一人ひとりを細胞に置き換えて考えてみると、分かりやすいかもしれません。
例えば、鉄道が脱線事故を起こしたり、道路が破損されて車が動かなくなっては、経済活動は滞ります。
これと同じように、血液の流れが悪くなれば細胞の活動に支障をきたします。
コラーゲンのチューブといってもよい血管は、細かい傷を絶えず生じています。
その傷の修理は、コラーゲンをつくる働きが鈍ればスムーズにいかなくなります。
傷口の修復がうまくいかないと、血液中のコレステロールやカルシウムなどが、傷口から侵入しやすくなります。
傷口の修復力が低下した状態は、コラーゲンの新陳代謝が低下して、すでにコラーゲンが柔軟性を失った状態といえます。
そして、その部分が硬くなってきます。これが動脈硬化の始まりです。
血管に動脈硬化が起こると柔軟性が失われ、高血圧となります。
高血圧は、血管に与える負荷が大きくなる状態です。
血圧は常に一定であることが望ましいのです。
普通は、強い血流のときは弾力に富むゴム管のように伸び、静かな血流のときは正常に戻ります。
ところが、動脈硬化を起こすと、血管が硬くなり弾力性が失われてきます。
血圧の調整ができなくなってしまうのです。
拡がらない血管の中を血液が流れなければならなくなり、血圧を上げることで血液を流すしか、手がなくなるのです。
また、血管に生じた傷口には、前述のようにコレステロールが付きやすくなります。
それが積み重なると、コレステロールが血管を狭めるようになります。
あたかも、お粥のような状態でコレステロールが積み重なって血管の内側を狭くしていくのです。
さらに、コレステロールにカルシウムが沈着して粘土が固まったような状態となり、血管はもろく壊れやすくなります。
とくに冬の寒い朝、温度が下がり、粘土で固められたような血管の璧がパリッと音をたてて壊れれば、脳出血となります。
また、剥がれた壁が血管を詰まらせれば、脳梗塞や心筋梗塞を起こします。
これらの疾患は死に通ずるか、仮に命を取りとめたとしても、障害を起こす可能性があります。


コラーゲンの補給

コラーゲンの新陳代謝をはかり、いつもその能力を維持していくために、毎日の食事で、「コラーゲンを十分に飲む・食べる」 ことが大切です。
コラーゲンの補給について動物で、コラーゲンが多く含まれているところは、人間と同じ骨や軟骨、 腱、皮、内臓などです。
これらの部分を上手に利用しないと、いつも肉や魚を食べていても、コラーゲン摂取は不足していることが多いのです。
肉類では、骨つきのスペアリブや鶏の手羽先、豚肉、鶏ガラなどに、コラーゲンが豊富に含まれています。
骨や皮がついたままの肉や骨を積極的に食べましょう。
骨つき、皮つきの肉や魚を、じっくりと煮込んだものは、コラーゲンの補給に最適の料理です。
コラーゲンは、熱を加えると溶ける性質を持っています。
時間をかけて煮込みますと、煮汁にコラーゲンがどんどん溶け出してしまいます。
これを冷やしたものを、『煮こごり』といいます。
煮汁や煮こごりも食べるのが、一番の補給になります。
魚は切り身でなく、丸ごと買ってきて、骨や皮つきの煮魚料理にしましょう。
コラーゲンが豊富な骨太のヒラメやカレイがおすすめです。
また、コラーゲンをとるとき、レモンやすだちの様なビタミンCと一緒にとると、さらにパワーアップした効果が得られます。
コラーゲンは消化・分解されて、アミノ酸のかたちで吸収されます。
このアミノ酸を材料にして、からだのコラーゲンが組み立てられますが、まず初めに未熟なコラーゲンをつくり、それが成熟したコラーゲンになる過程があります。
ビタミンCは、未熟なコラーゲンから成熟したコラーゲンがつくられるときに、その合成を橋渡しする働きがあります。
ビタミンCが不足すると、この合成がうまくいかなくなります。
ビタミンCが多く含まれているレモンやブロッコリー、ピーマン、パセリなどを、献立で活用するようにしましょう。
コラーゲンの豊富な豚骨スープなどに、パセリを添えたり、コラーゲンとビタミンCの二人三脚を食卓で演l出するようにしましょう。

recommend

日本刀・刀剣買取業者おすすめランキング!相場を参考に厳選




コラーゲン足りてる?沖縄アグゥーでコラーゲン!のコピーライト