お肌のために美味しいご飯を作ろう

HiHiSaH!

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンを含む食材

食べる、飲むコラーゲン」としての商品キャッチコピーの多くは、
若さピチピチ!」「うるおい肌」「つやつや肌!すべすべ肌!
素肌にみずみずしい」「シミ・シワ・タルミがとれる」などとよく謳われています。
たしかに、コラーゲンを効果的に摂取し、お肌での合成を促すことができれば上記キャッチコピーが実現できます。
コラーゲンは30万もの分子量をもつため、消化管でバラバラに分解されてから体内へ吸収され、お肌や関節などで合成されます。
ただ、消化から吸収、合成の過程には時間がかかります。
ですからコラーゲンを含む材料を長期間にわたって食べ続ければ体の中からしっとりと、プリンと押し返してくるお肌になれるのです。
もちろんお肌だけでなく関節については、特に「若さと健康をサポートする素晴らしいコラーゲン」と言えるでしょう。


コラーゲンを多く含む食材として

コラーゲンを多く含む食材として有名なのが、牛すじ肉、とり皮、なんこつ、ウナギ、カレイ、サザエ、ゼリー(ゼラチン)、魚の皮、ふかひれ、エイひれなどが代表的ですね。

また、沖縄のお年寄りのお肌が綺麗なのは沖縄特有のコラーゲンを多く含む料理にあるといわれています。
ここが沖縄料理の奥が深い所です。

コラーゲンの多い沖縄料理も紹介しておきます。

ラフテー(豚の皮付き三枚肉の煮込み)
テビチ(豚足の煮物)
ミミガー(ゆでた豚の耳の和え物)



乾燥肌とコラーゲン

コラーゲンは私たちのからだを構成するタンパク質の一種で、生体内のタンパク質の約30%を占めているのです。
また、コラーゲンはからだの骨や軟骨、皮膚などに含まれ、90%以上が繊維状のタンパク質に形作られています。
お肌内のコラーゲンは真皮層に多く含まれ真皮の約70%を占めています。
このコラーゲンはコンドロイチンとMSMとケイ素のチカラを借りて束ねられてスプリング状になりお肌に弾力を与えていることが判っているのです。
そしてこのコラーゲンの構造は、アミノ酸19種類が結合したタンパク質で、形状は3重らせん構造をとっています。
このコラーゲンとお米のアミノ酸が分解することで摂取が促されます。お米も粘りがある方がアミノ酸が多く含まれているのであきたこまち・コシヒカリがオススメです。 コラーゲンは全身に含まれていますが、特に皮膚や筋肉・内臓・関節・目・髪などに多く含まれ、主にお肌内の細胞と細胞をつなぎとめる働きをしています。
コラーゲンは、お肌内の細胞やその他の組織をつなぎとめる働きをしているのですが、コラーゲンもヒアルロン酸と同じく加齢と共に減少していきます。
減少に伴って1つ1つの細胞の隙間が次第に広がり、保水能力も低下してしまいお肌のタルミやシワ、肌荒れが発生してしまいます。なのでコラーゲンの摂取と同時にセサミンの摂取もオススメです。韓国海苔やごま、ごま油に含まれるセサミンは抗酸化作用があるので細胞の酸化やガン予防にも期待をされている栄養素です。
ですので、コラーゲンや栄養バランスのいい食事は長期に渡って摂取する様にしましょう。

Valuable information

安全を届ける保健科学東日本の食品衛生検査


コラーゲン足りてる?沖縄アグゥーでコラーゲン!のコピーライト