お肌のために美味しいご飯を作ろう

HiHiSaH!

お米の育て方

お米の育て方〜育苗〜

米は、私たち日本人には特に、主食としてなくてはならないものですが、細々とした一定の条件が揃っていないと育たない植物です。
ですから、育てるのには手間と技術が必要になります。

米を育てるためには、田んぼと苗が必要です。
苗は種籾を発芽させ、一定の大きさまで育てたもので、田んぼはその育てた苗を収穫の段階まで育てるために必要な環境です。
田んぼと苗を用意する、この準備の段階から、神経を使う作業は始まっています。
苗を育てることを育苗(いくびょう)と言いますが、一般的に育苗に使用するのは、塩水に入れて沈んだものだけです。
更に、種籾というのは一定の温度・湿度の環境でしか発芽しません。
ですから米農家などでは、細かな温度調整ができる設備を使って育苗します。


お米の育て方〜田んぼの準備〜

苗を育てる田んぼのほうにも、手を入れてやる必要があります。
養分がきっちり行き渡る環境になるように、土を掘り起こして軟らかくした上で、水によって塊を砕いて平らにします。
この環境が整って初めて、苗は米を実らせる可能性があるものになるのです。

可能性があるもの、という言い方をしたのは、せっかくいい田んぼにいい苗を植えても、その後の管理を怠れば米は育たないからです。
むしろここからの育て方が、その後の米の収穫高を左右します。
まず、田んぼに苗を植える段階で、苗同士の間隔には注意を払います。
間隔が狭くなると、日が当たりにくく風が通りにくくなって、病気に弱くなってしまいます。


お米の育て方〜病気の予防〜

米の生長を妨げる要因としては、他に虫の害や気温、水の量などがあります。
これらによる病気を防ぐために、成長に支障をきたさない程度の殺虫剤や除草剤を撒きます。
虫の侵入を防ぐためには田んぼの周囲の雑草を刈る必要があるし、数が育ちすぎて行き渡る養分が少なくならないように、時には水を抜くこともあります。
米は気温に敏感で、気温が高すぎるときと低すぎるときではかかりやすい病気が違うので、育てる側は日々の気温にも気を配らなくてはなりません。
また、収穫のタイミングも重要です。
収穫が早すぎれば成熟していない米になってしまい、遅すぎれば割れてしまいます。
最後の最後まで、気は抜けません。

このように、米の育て方というのは、根気と技術が不可欠なものです。
とてもデリケートな植物なので、育て方を良く理解し、やるべき時にやるべきことをきっちりこなして、米の小さな変化も見逃さないようにするのが収穫量アップの秘訣と言えるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

神奈川のエクステリア業者が格安で工事に対応


コラーゲン足りてる?沖縄アグゥーでコラーゲン!のコピーライト