お肌のために美味しいご飯を作ろう

HiHiSaH!

コラーゲンとコシヒカリ

コシヒカリはアミラーゼが豊富

コシヒカリの特徴は、日本全国の約三分の一以上を占めており、良質な種類の米であることは、よく知られています。
コシヒカリは、お米の美味しさの四大要素である、食味・色・艶・粘りの全てが、バランス良く高いレベルで維持されているのが、美味しさの理由です。
この粘りがあることからアミラーゼが豊富に含まれていることが分かります。
コラーゲンが多く含まれる食材との相性がよく、より効率的に吸収できます。


コシヒカリ農家の努力

ある年代では子供の頃、祖父や祖母から、米はお百姓さんが八十八の手間をかけて作った大切な自然の恵みであるから、お米をひと粒足りとも食べ残してはいけないという教育を受けてきました。
現在のような田植機等の機械がなかった時代には、それが当たり前であったと聞きました。
現在の米作りの職人達は、日本一美味しいお米を作るために様々な工夫を講じています。例えば、農薬や科学肥料を極力抑えた栽培を行っております。
素人からみれば、当たり前のような気持ちでお米を毎食食べておりますが、農薬や科学肥料の量を極力抑えてしまうと稲が弱りやすくてなるし、害虫からの被害を受けやすくなります。
かといって、有機肥料をどの程度畑にまいたら良いのかということは、数値化が難しいためにマニュアル化することが難しいのです。
このような農家の皆さんの努力のかいあって、コシヒカリというブランドを現在も維持しているのです。


コシヒカリができるまで

それでは、もう少し詳しくお米づくりの過程をご紹介致します。

その一、毎年4月になるとお米の種まきを行います。現在は機械を使用して作業にあたることが一般的です。
土・種・水などの調節を行います。
すると、種が仕込まれた棚箱と呼ばれるものが完成します。
完成した棚箱をトラックに積み、育苗ハウスへ運ばれ、保湿・遮光のためにシートを箱にかけて、一ヶ月間日差しにあてることによって稲苗を育てます。

その二、田んぼにもみがらをまきます。
田んぼに有機肥料が含まれた前年のお米の籾殻を肥料として利用します。
これが、お米にとって一番必要で重要なことなのです。

その三、4月の種まきの結果を確認します。種まきをしたお米は、ある程度の時間が経過すると発芽します。
すると、ビニールハウス内は緑色の絨毯の様に覆われるので、一目瞭然です。

その四、5月の田んぼをうねます。
田んぼをうねることによって、全行程で畑にまいたもみがらを土に練り込みます。

その五、5月下旬は田植えを行います。
一般には、豪雪の影響を受けない5月の下旬から始まります。

その六、6月下旬から7月の水管理、つまり溝切りといいます。
田んぼの稲の間に溝をつくる作業を行うことです。
これは、土の中の空気や温度等を調節したり、有機物の文化ににおいて発生するガスを抜くために必要です。
つまり、これらのメインテナンス性をあげるのが溝づくりには重要なのです。

注目サイト

スーツ 通販
https://www.rakuten.ne.jp/gold/mitsuya/

コラーゲン足りてる?沖縄アグゥーでコラーゲン!のコピーライト